国際交流

地域間交流促進プログラム

プログラムの目的

グローバル化・ボーダレス化が進展する今日、地方自治体においても、国際社会の状況を的確に理解し、国内外の国際化に対応できる人材の育成が重要な課題となっています。

そこで、日本の地方自治体職員等を対象として、当事務所の所管国であるASEAN地域やインドにおける日系政府機関、現地政府機関、大学、現地進出日系企業等を訪問し、視察や意見交換等を行うことにより、日本との関係について現状と課題の理解を深めるとともに、地域の国際化を担う人材の育成並びに今後の地域間交流促進の契機とすることを目的としています。

なお、本プログラムは、2019年度より(公財)全国市町村研修財団 全国市町村国際文化研修所(JIAM)の海外研修と統合し、JIAMにて申込受付けをしております。(JIAM研修名:自治体の海外戦略~活力あるアジアとの地域間交流促進~)

 

2020年度 実施予定

日 時:2020年8月20日(木)~8月30日(日)【国内3日間、海外8日間】

定 員:20名

視察先:インドネシア(2都市を予定)

参 考:JIAM「海外研修のご案内」をご覧ください。

 

地域間交流促進プログラム開催実績

年度 開催国 都市 報告書
2019 シンガポール
マレーシア
シンガポール、クアラルンプール・プタリンジャヤ 報告書【概要版】
2018 インド デリー、アグラ、タプカラ、ムンバイ 報告書【全体】
報告書【概要版】
2017 タイ バンコク、スコータイ、アユタヤ、チョンブリ 報告書【全体】
報告書【概要版】
2016 シンガポール
マレーシア
シンガポール・クアラルンプール 報告書【全体】
報告書【概要版】
2015 ベトナム ハノイ・ホーチミン 報告書【全体】
報告書【概要版】
2014 マレーシア クアラルンプール・ジョホールバル 報告書【全体】
報告書【概要版】
2013 タイ バンコク・ピサヌローク 報告書【全体】
報告書【概要版】
2012 シンガポール
インドネシア
シンガポール
ジャカルタ
報告書【全体】
報告書【概要版】
2011 インド ムンバイ・プネー・チェンナイ 報告書【全体】
報告書【概要版】
2010 インド デリー・ムンバイ・バンガロール 報告書1【全体】
報告書2【全体】
2009 ベトナム
カンボジア
ホーチミン
プノンペン
2008 インド ※ムンバイテロ事件発生のため開催中止