事務所紹介

概要

一般財団法人自治体国際化協会(Council of Local Authorities for International Relations : CLAIR) は、地域における国際化を推進するため、地方自治体の共同組織として、1988年7月に設立されました。 CLAIRは、東京に本部を置き、シンガポールのほか、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ソウル、シドニー、北京に海外事務所を設置し、海外とのネットワークの充実に努めています。

CLAIR シンガポール事務所は、シンガポールをはじめとした東南アジア諸国と日本の地方自治体との間の国際交流や協力事業を推進するために、1990年10月に設置され、現在では、アセアン10ヵ国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ブルネイ・ラオス)、インド及びスリランカ(2018年7月追加)を担当地域としております。
いずれの国も経済成長が著しく、これらの地域の活力を地元経済の活性化に取り込もうと、地方自治体が注目をしている国々です。
シンガポール事務所では、地方自治体の多様なニーズにお応えするため、現地でなければ得られないタイムリーな情報を発信するとともに、シンガポール事務所が持つ現地でのネットワークを活用して、担当地域における地方自治体の特産品の販路拡大や日本への観光誘客、中小企業の進出支援に取り組んでおりますので、当該地域へご興味、ご関心がある場合にはお気軽にご相談ください。

主な活動内容

  1. 日本とアセアン・インド・スリランカ間の自治体レベルの交流の促進
  2. アセアン・インド・スリランカにおける日本の自治体の活動の支援
  3. アセアン・インド・スリランカの地方行財政制度、各種政策の調査・情報発信
  4. アセアン・インド・スリランカへの日本の地方行財政制度、各種政策の紹介